広島県三原市でバス釣り の出来る場所

バス釣り 三原市エリア 中国地方

広島県三原市でバス釣りの出来る場所

更新日:

こんにちは、としです。

今日は、広島県三原市内でバス釣りの出来る場所を紹介します。

野池郡は釣り禁止の所が多いため、メジャーな所で安心してバス釣りを行いましょう。

車の駐車出来る場所やボートの降ろし場所・徒歩でポイントに下りる場所など、細かく紹介して行きます。

白竜湖

結構有名なバス釣りスポットです。

こちらで釣りを行う場合は遊漁券(年券の場合は入漁証「腕章」と遊漁承認書、日券の場合は遊漁承認書)が必要です。

遊漁券の購入方法

遊漁券の日券は1日限定で700円(税込み)、年券は購入日から翌年の購入日前日までが有効で2000円(税込み)になります。

購入する場所ですが白竜湖の上流側にある、道の駅「よがんす白竜」で購入出来ます。
「よがんす白竜」は白竜湖の横を通る国道432号線沿いにあるため、迷う事は無いと思います。

ほかにも下の案内板に書いて有る場所で購入する事が出来ます。

注意しないといけないのが、「よがんす白竜」のオープン時間が朝9時なので、朝6時から釣りを開始したい場合は前日より前に年券の購入が必要になります。

朝9:00からの釣り開始で大丈夫なら当日に日券(700円)を購入すれば問題ないですが、1年間で3回釣りに来れば元が取れるので2000円の年券を購入して時間の制限なく釣りを楽しんだほうがストレスが無いと思います。

遊漁券を販売している「よがんす白竜」ですが、その名前とは違い「オシャレな建物」に驚きました。

店内では手作りパンや漬け物・特産品などが売られており、店内の半分ほどが食事が出来る軽食屋さんになっています。

下の写真の建物の右側入口から入店して、目の前にレジがあるので店員さんに「遊漁券下さい」と言えば直ぐに用意してもらえます。

購入時に複写になった「遊漁申込書」に住所・氏名・年齢を記入して、代金を支払えば腕章と遊漁承認書を下さいます。(年券の場合)

無事にゲットした腕章と遊漁承認証(年券)

ちなみに、遊漁承認証の裏面(注意事項)

その時ボートの使用について、うかがったのですが「大丈夫です」と言われましたので、安心してボートも使用出来ます。
ボートはダムの方で降ろすのが良いそうです。

最上流部で釣りが出来る所

「よがんす白竜」の入口付近には左下に降りるスロープがあり、駐車場には階段がありますので徒歩でも車でもすぐ下の河川敷に下り、釣りをする事が出来ます。
白竜湖の最上流部分での釣りになります。

国道432号から入ったら直ぐに左方向にスロープがあります。

スロープを下りていくと河川敷に出ます。

河川敷に到着(広い駐車スペースがあります)

私が訪れた時は水位が低く、歩ける場所が多くありましたが下が「ぬかるんで」いますので、長靴が必須でした。(靴やズボンがドロドロになっても良いなら問題ありませんが・・・)

橋脚の横も歩いて行けます。

足元が悪いです。

最上流部にも歩いて行けます。
足場も良く釣りがし易い場所でした。

ボートの積み降ろし可能な場所

1カ所目

ここは「よがんす白竜」から国道432号を左に出て、すこし走ると左方向に「中央大橋」(赤い橋)がありますが、その橋のたもとに下り口があります。

普通車1台が通れるだけの道幅しかありません。

終点部分は行き止まりになっていて、ココでボートの積み降ろしが出来ます。

また、足場も良いので陸からも釣りを楽しめます。

MAP上の場所ではこのあたりです。

車で直に川岸まで行けるのはココくらいです。
次に紹介する所は2人でボートを持つか、ボートを転がして行ける様にドーリー(タイヤ)を付ければ可能です。

2カ所目

次の場所は国道432号から見て対岸になります。

まずはダムの堤防の上を通り対岸側へ渡りますが、通路がかなり狭いので注意して渡りましょう。

堤防の位置はこのあたりです。

渡り終えたら白竜湖を左手に見ながら道なりに進んで行きますが、ここからの道路は全て狭いので対向車が来たら所々にある拡幅された待避所ですれ違うしかありません。

しばらく進んで行くと、左側に進入出来ないスロープが見え、その先に駐車スペースがあります。

駐車スペース

その駐車スペースの横に白竜湖へ下りる階段とスロープがあります。

通路の真ん中が階段ではなく、スロープになっていますのでボートにドーリー(タイヤ)を付けて転がせば1人でも降ろす事が可能です。
勾配がそんなに急ではないので2人以上いれば、ボートを抱えて下りる事も出来ます。

下まで降りるとこんな感じです。

こちらでも、足場が良いので陸から釣りをする事が出来ます。

MAP上の場所ではこのあたりです。

車の駐車場所と陸釣りできる場所

1カ所目

こちらも対岸の場所となります。
狭い道路を上流側に進んで行くと左側に駐車スペースがあります。

こちらの駐車スペースに向かって右側に白竜湖へ下りる通路があります。

MAP上の場所ではこのあたりです。

2カ所目

1カ所目よりさらに上流に進むと左側にあります。

MAP上の場所ではこのあたりです。

3カ所目

2カ所目よりさらに上流に進むと左側にあります。

MAP上の場所ではこのあたりです。

2カ所目、3カ所目については下に降りられそうな所が見当たりませんでしたので、駐車スペースとして利用するだけが良いと思います。
(無理をすれば下まで降りられそうですが、怪我をしてはいけないので止めましょう)

白竜湖までのアクセス方法

高速道路を通って来るなら山陽道の「河内IC」で下りて直ぐにぶつかる国道432号を世羅方面に曲がり道なりに進みます。

高速道路以外で来られても国道432号を世羅方面目指して来れば大丈夫です。

白竜湖までの道中ですが2018年の水害の影響で、仮設信号機を使用した「片側交互通行」を行っている場所が6~7カ所あります。

何回も信号で止められるかもしれませんが、水害の影響ですのでイライラせずに心にゆとりを持った運転をお願いします。

国道432号をひたすら進むだけなので迷う事無く、道の駅「よがんす白竜」に到着出来ると思います。

神田大池

ここは農業用の溜池になります。

地元でも結構有名なバス釣りスポットです。

駐車スペース・池までの下り口

1カ所目

神田大池の横を走る県道45号の待避所になります。
待避所なので短時間の駐車にしましょう。

MAP上の場所ではこのあたりです。

この少し上流側に池に下りる道路がありますが、車では行けないので歩いて行きましょう。

入口は広いですが直ぐに狭くなります。

MAP上の場所ではこのあたりです。

2カ所目

2カ所目は県道から見て対岸になります。
ほぼ神田大池を1周したくらいの位置に休憩所があり、その先の右側に駐車スペースがあります。

この休憩所に大池に下りる階段がありますが、狭くて急勾配なので気を付けて下りましょう。

急勾配な階段

狭い釣りスペース

MAP上の場所ではこのあたりです。

3カ所目

こちらが一番オススメの場所で、池の堤防部分です。
足場も良く、釣りをするスペースも広いため良い場所だと思います。

ただ、はじめて来る方は入口がわかりにくいので下の画像を参考にして下さい。

県道45号上の右側に塩カルを置くためのBOXがありますので、それを目印にして車のスピードを落として下さい。

ゆっくり進むと右側に枝道が見えてきます。

右折して進入したら道幅が狭いので気を付けて進みましょう。

そのまま進むと堤防の上に出られます。

ご覧の通り、非常に釣りがし易い場所です。

MAP上での入口はこのあたりです。

神田大池までのアクセス方法

場所的には白竜湖から10km程度しか離れていないので、車でなら15分程度で移動できます。

国道432号をさらに世羅方面へ進みます。
途中交差点を左折しますが、国道432号が左に90度曲がっていますので国道から逸れるわけではありません。

左折して少し進むと右側にコンビニがありますが、ここが最後のコンビニなので飲み物などを購入して行きましょう。

しばらく道なりに進んで行き、また左折するのですが今度は県道45号になります。
曲がるとすぐに県道の標識があるので確認しましょう。

県道45号の標識

そのまま道なりに進むと神田大池に到着します。

神田大池にある看板です。
ゴミなどは全て持って帰り、釣り場を綺麗に守って行きましょう。

まとめ

今日は広島県三原市内で、バス釣りの出来る場所を紹介しました。

白竜湖で釣りをする時には、必ず遊漁券を購入しましょう。

また、ゴミなど捨てて帰らないようにマナーを守って楽しい釣りをしましょう。

他の地域の情報も随時記事にして行きますので、良かったらまた見に来て下さいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お知らせ

あなたも格安ドメインとレンタルサーバーを使って、ブログを始めてみませんか?

簡単に出来る「ブログの始め方」はこちら

この記事を参考にすれば、簡単にブログを始めることが出来ます。

-バス釣り, 三原市エリア, 中国地方
-, , , , ,

Copyright© 趣味の雑記ブログ , 2019 All Rights Reserved.